エスパス ルイ・ヴィトン東京「COMING OF AGE」展

表参道のエスパス ルイ・ヴィトン東京で現在開催中の「COMING OF AGE」の写真レポートです。

この展覧会をキュレーションしたのはヴァージル・アブロー。

彼は1980年アメリカ・イリノイ州生まれのファッション・デザイナーです。

2018年にはルイ・ヴィトンのメンズウェアのクリエイティブ・ディレクターに就任しました。



「COMING OF AGE」とは、ベテランから若手まで、ヴァージルが選抜した写真家の作品が集まるグループ展です。

2019年1月にロサンゼルス「Little Big Man Gallery」での開催を皮切りに、一部ラインナップを変更しながら北京、ミュンヘンなどを巡回してきました。

今回の東京展に参加する21名のうち日本からは星玄人、題府基之、荒木経惟の3名が参加しています。

スクラップブックのようにランダムに写真や映像が並ぶ壁面には、通常展覧会では必ずある作品の情報を記すキャプションがなく、各々写真や映像のバックグラウンドは作品そのものからのみ読み解くスタイルがこの展覧会の特徴です。

キュレーターのヴァージルがタイトルで示す「COMING OF AGE(新たな時代の到来)」を会場にて直接感じてみよう。

気に入った写真があればそのプリントを1枚いただけます。

エスパスルイ・ヴィトンの場所は表参道にあるルイヴィトン表参道ビルの7Fで、ショップの入り口を入ったら右奥にあるエレベーターで7Fへ上がります。

会期末まで残り少ないですが表参道に来たらぜひどうぞ。

「COMING OF AGE」

2019年12月11日(水) ~ 2020年2月16日(日)
エスパス ルイ・ヴィトン東京
東京都渋谷区神宮前 5-7-5 ルイ・ヴィトン表参道ビル7F
12:00 〜 20:00 休館日:表参道店に準じる


記事の評価
ベルリッツ
関連記事