シュロスベッカライと東京フロインドリーブ – 広尾でドイツ菓子

ドイツ大使館が近いこともあるのか、広尾には老舗のドイツパンのお店「東京フロインドリーブ」という有名店が存在します。

最近もう一軒ドイツお菓子のお店がオープンし、広尾がドイツスィーツの街になるかもと感じるので、この2軒のお店を紹介します。



シュロスベッカライ

まずは「シュロスベッカライ」。

こちらは広尾の商店街でも外れの方にあり、2,3年前にオープンしたいわば新興勢力。

最近話題になったドイツのクリスマス菓子「シュトーレン」。

一本まるごとの他にスライスした食べやすいサイズのシュトーレンも売っています。
シュロスベッカライはお菓子屋さんなので美味しそうなケーキもたくさん。

これはフランクフルト発祥という ”フランクフルタークランツ” とシュークリーム
見かけほど甘くなくコーヒーにも良く合います。

お店のカウンター脇にはイートイン用の椅子が3脚ほど。
買ったお菓子をコーヒーや紅茶でゆっくりいただくこともできますし、ドイツなので当然のようにビールのメニューも揃っています。

シュロスベッカライの場所は広尾橋交差点から広尾の商店街を道なりにすすみ、CANVASの角を右に曲がってすぐ左手です。

シュロスベッカライではドイツのマジパン「ニーダーエッガー」を扱う日本で唯一のお店だそうで、店頭にはカラフルで可愛いニーダーエッガーのマジパンが並んでいます。

また、「ショコヴィーダ」というハンブルグのショコラトリーの商品も扱っているのですが、そのパッケージが可愛いのです。
バレンタインデーにちょっと変わって珍しいチョコを思ったら、このショコヴィーダはリストの筆頭になるでしょうね。



東京フロインドリーブ

もう1つのドイツは「東京フロインドリーブ」。

店名に ”東京” が付くのは、神戸のフロインドリーブというお店の暖簾分けだからのようです。

バナナ・パイとチェリー・パイ。
サクサクとしたパイの生地と濃厚なフルーツ。
ボリュームのある感じではないですがさすがの美味しさです。

チェリー・パイをアップにしてみました。

これはやはりコーヒーと一緒にいただきたいですね。

他にも様々な種類のパンやケーキが並んでいます。

夕方になるとすっかり品揃えが寂しくなってしまうのはしょうがないですね。

そして ”ノンパレ”。
とてもカラフルなチョコレートのお菓子です。
これもちょっと珍しいバレンタインのチョコにぴったりですね。


東京フロインドリーブへの行き方は、広尾橋から広尾の商店街をまっすぐ。
突き当たって明治通り方面へ向かって数軒目

近くには「NUTS TOKYO」や向かいには「メルティング・イン・ザ・マウス」があります。

いかにもドイツ風な建物が目印です

お店の外観も内装もドイツ風。

そしてパンもケーキもフランス風な甘いものでなく、どことなく質実剛健な、甘さより素材の良さを強調するような、大人向けというか堅実というか、ドイツらしい味が特長です。
欧州文化の中心であり続けたフランスと、常に辺境であり続けたドイツの違いなのでしょうか。

特徴的な2店が広尾に存在するのは、やはり近くにドイツ大使館がありドイツの方が多いからでしょうか。
いつもとちょっと違ったテイストの洋菓子を食べたい時、ちょっと変わった手土産を、いつもと変わったバレンタインのチョコレートという時にぴったりなお店だと思います。

シュロスベッカライ

渋谷区 広尾 5-19-2
定休日:月曜日
営業時間:11:00 – 19:00

東京フロインドリーブ

渋谷区 広尾 5-1-23
定休日:水曜日、第四木曜日
営業時間:10:00 – 19:00 (日祝は18:00まで)


関連記事