六本木でイルミネーション見物後でも入れる深夜営業店

六本木ヒルズとけやき坂そして東京ミッドタウンのイルミネーションが始まり、クリスマスや年末に向けての準備が整い始めた六本木。

せっかくイルミネーションを見に来たなら、そのついでに普段は行かない六本木のお店にも行ってみたいものですね。
そこで、酔っぱらいのいるお酒が飲める店や、値段が張るレストランなどではなく、カップルや女性連れでも気軽に入れる六本木ヒルズ周辺の深夜営業店をいくつか紹介します。




Fjord(フィヨルド)

けやき坂を上って旧テレ朝通り沿いの昔から続く純喫茶。
平日は夜10時まで、土曜日は夜8時まで営業しています。
純喫茶と名乗っていますがカレーがかなりイケます。

ブリコラージュ

以前ローダーデールが入っていた場所です。
テラスがおすすめですが平日は夜8時までと閉まるのが早いのと混んでいるのが難です。

スターバックス TSUTAYA TOKYO ROPPONGI

言わずとしれたけやき坂下のスタバ。
朝4時まで営業しているので終電を気にする必要のない人でいつも賑わっています。
寒くなるとテラス席は空いてきますがストーブがあって意外と暖かいので、ちょっと防寒対策していれば問題ありません。
もし混んでいても、スタバでテイクアウトしてヒルズのレジデンス棟のテーブルでゆっくりするのもおすすめです。

プレゴ

けやき坂からはちょっと歩きますが麻布十番のプレゴも安心して入れる深夜営業のお店です。
コーヒーだけでもOKですし、お腹が空いていればしっかりイタリアンを食べることもできる便利なお店です。



れいの

六本木通りを西麻布方面に少し行った場所にある老舗喫茶店。
夜は22時まで営業しているのでイルミネーションを見てちょっとお茶して帰るという時にぴったりかもしれません。

赤のれん

「れいの」まで行ったら西麻布「赤のれん」も行ってみたいですね。
最近ランチ営業を止めてしまって営業開始が夜21時からになりました。イルミ見物などで夜まで六本木にいるならチェックしておきたいですね。
意外な有名人と遭遇できるかもしれません。

かおたん

「赤のれん」の他にこの「かおたん」という選択肢も。
まだ行ったことのない人も、もうずいぶん行ってないなぁという人も、せっかくの西麻布、六本木の夜なら最後をかおたんで締めてみたいですね。
あの雰囲気が苦手という人には焦がし醤油ラーメンの「五行」という選択肢もありますよ。

ZEST西麻布

「かおたん」が懐かしい人にはZESTも懐かしいでしょう。
平日は24時までですが休前日は朝3時まで営業しています。



キャンティ

ヒルズやミッドタウンからちょっと距離はありますが、せっかくの六本木の夜ならキャンティもですね。
1Fのアル・カフェは深夜2時半まで。
けっこう誤解されていますが、キャンティのお客さんは芸能人や業界人が多いということはなく、近所の人や普通の人ばかりです。

カフェ・ド・ラペ

ミッドタウン側なら乃木坂のカフェ・ド・ラペもお勧めです。
夜は23時までと遅くまで営業しているので、ミッドタウンでイルミ見物を終わる時にはいいですね。
特に千代田線で帰る人にはぴったりです。


関連記事