ニコライ・バーグマンのカフェ NOMU西麻布

競争の激しい飲食業界。少し目を離すとあっという間に無くなってしまったりします。
どんなにお気に入りであっても、どんなにセンスが良くても、お客さんが入らず採算が取れないとか、経営者が飽きてしまったとか、様々な理由でお店が閉まり、また新たなお店が新たなチャレンジをして、街はいつも変わっていきます。

フラワーアーティストのニコライ・バーグマンとそのチーム、お花を中心に幅広くブランド展開していますね。都内でもニコライ・バーグマンのロゴ入りバンが走り回っていて、好調なのだなぁと思って見ています。



そんなニコライ・バーグマンのカフェ展開がNOMUというブランド。表参道では通常のショップに併設されていますが、2号店が2年ほど前に西麻布に出店しました。

昨今の人手不足の影響か、一時的に営業を休んでいましたが、2017年8月から無事営業再開です。

北欧出身のニコライ・バーグマンらしく、木をベースにしたスタイリッシュな外観。

ウッドのテラスでコーヒーやケーキなどを。他のNOMUと異なりここはカフェ機能だけです。

店名もひっそり店の横に掲げられ主張しません。

とても濃厚なチョコケーキ。
以前と変わらずサンドイッチなど軽い食事も頼めます。

NOMU西麻布の場所は西麻布の交差点脇にある立ち飲みバーシンシアの角を入り、根津美術館へ行く途中になります。
途中道が二股に別れて一方通行になるのでこれでは分かりませんね。
逆に根津美術館から下りてきて道なり、サンクス西麻布2丁目店の手前になります。

西麻布と表参道/南青山は地下鉄の路線が違うので遠いように勘違いされる方が多いのですが、実は歩いて行き来できる距離なんですよね。
西麻布から根津美術館へあるいはその逆。その途中に位置するこのNOMU西麻布は中継基地として絶好のロケーションなんですけどね。

その上ケーキは美味しいし、西麻布や外苑西通りの喧騒からも離れているし、気軽に長居もできるし、西麻布お気に入りのカフェです。

2017年9月1日追記

営業しているという情報を確認したので記事タイトルを変更しました。
「休業中のカフェ NOMU 西麻布」から
「ニコライ・バーグマンのカフェ NOMU 西麻布」へ



2017年10月9日追記

営業を再開したNOMU西麻布。
当然ですが外装も店内も以前とまったく変わっていません。

カプチーノにフラットホワイトにアメリカーノなどのドリンクメニュー。
これ以外にボリューミーなケーキやクッキーなども。

サンドイッチは6種類。ただメニューはないそうで、ケースに並んでいるサンドイッチがつまりメニュー。夕方になると売り切れている可能性が高いので軽食を頼みたい時は早めの時間でどうぞ。

これは(ホット)アメリカーノとクランベリークッキー。
店内もいいですがテラスで食べるのが好きなので今日はテラスでいただきました。

ふと気がつくとテラス席は外国人客で埋まっていました。
西麻布という場所柄、ここは外国人客に人気が出るだろうなぁと思っていましたが、やはり人気のようですね。
閉店が18時と早いのが難点ですが週末の西麻布でひと休みするにはぴったりなカフェです。

NOMU 西麻布

港区西麻布2-8-7
定休日:
営業時間:10:00 – 18:00


関連記事