総本家 更科堀井 麻布十番本店

昔ながらの信州そばといえば、更級(さらしな)そば。

更級そばのお店は麻布十番だけで総本家更科堀井、永坂更科布屋太兵衛それと麻布永坂 更科本店と、有名なお店だけで3店も軒を連ねています。

なお以前紹介した川上庵は、信州の蕎麦ですが更科そばとはちょっと系統が違います。

麻布十番大通りのほぼ真ん中、要するに麻布十番商店街のど真ん中にお店を構える総本家 更科堀井 麻布十番本店。
立川にお店を出した関係でここが ”麻布十番本店” という位置づけになってしまいましたが、更科堀井と言えば普通はこのこのお店を指しますね。

創業二百年という歴史によるものなのか、麻布十番の更科そば3名店の中ではインバウンド客も普通のお客さんも一番多いような気がします。

入口も敷居が高い感じもなく普通のおそば屋さん。
お店の前に飾られる食品サンプルも普通のお蕎麦屋さんと変わりません。
そのせいか、ここが本当にあの有名な更科堀井なのか逡巡している観光客も時々います。

中はテーブル席、座敷席、大テーブルとこれもちょっと大きめの普通のおそば屋さん。

いぜん勝手に麻布十番の3店を評価したことがあり、
お酒を一杯やりながら蕎麦を食う昔ながらのお蕎麦屋さんに一番近いのが総本家更科堀井、
麻布通り沿いに工場を持ち手広くビジネスをしながら上品な更科そばを出す永坂更科布屋太兵衛、
手堅い蕎麦を出す麻布永坂更科本店。

としてみました。

じっさい、席についておそばを注文するのもよいですが、たまにはお酒となにか一品料理を頼んでパートナーとの会話を楽しみ、ではそろそろという辺りでお蕎麦を頼むという大人な蕎麦屋も楽しんでみたいですね。

この日は8月限定の「しそ切りそば」をいただいてみました。
定番のさらしなそばにしそを練り込んだ季節モノのおそばです。

見た目よりお腹にたまるので大盛りを頼む必要はありませんね。

 

一品料理の種類も多く、おそばも定番以外の楽しみも多い更科堀井。おそばはもちろん、おそばをメインにお酒や会話を楽しみたい時にぴったりのお店です。

 

総本家 更科堀井 麻布十番本店

港区元麻布 3-11-4
定休日:なし
営業時間:11:30〜20:30 (土日祝は11:00から営業)


関連記事