麻布十番のパティスリー&ベーカリー SCENE Kazutoshi Narita

麻布十番のSCENE Kazutoshi Narita

2020年12月に麻布十番のパティオ近く雑式通り沿いにオープンした「SCENE Kazutoshi Narita」。有名なパティシエさんの新しい店舗ということで既に大人気になっています。

本当言うと昨年の段階では価格も高いしあまりお客さんが入ってないなという感じだったのですが、年が明けて以降はどんどんお客さんの数も増え人気店になっています。

▲オープン当初のSCENE。。

グルメ情報に詳しくない私たちはそのうち何か買ってみようと思っていたのですが、話を聞くと有名なパティシエのKazutosi Narita(成田一世)さんのお店ということなので、どのようなスィーツがあるのか訪問してみました。

▲店内のカウンターに置かれているのは ”アジアのレストラン ベスト50” のプレート。

このKazutoshi Naritaが腕をふるったスイーツなんですね。



SCENEの店舗

お店は雑式通りのパティオと商店街通りの間。

お向かいは「紀文堂」さん。

SCENEがテナントとして入るビルは数年前に火事があったところです。
(2020年の鰓呼吸の火事でも外壁が焦げたりしていますが)。

▲店頭にさりげなく「Scene」の文字が見えます。

▲これは平日の午後の様子。

平日なら普通に繁盛している街のスィーツ屋さんという雰囲気です。

▲店内の様子です。

床面はタイル、壁面はブルーとホワイトですっきりまとまったオシャレな内装です。

SCENEのパン

ベーカリーの本領はパンを食べれば分かるのでまずはパンを。

▲上の段は左から食パン 850円、パン・ブリオッシュ 1,380円。

下の段は左からクロワッサン、パン・オ・レザンそしてメロンパンです。

▲これは食事パンのコーナーですね。

上がエッグサンド、ジャンボン&カマンベール。

下の段がエピ、サーディーンのタルティーヌそして定番のバゲット300円です。

▲生搾りのクリームパン、カヌレ、マドレーヌなど

SCENEのケーキ

ケーキはどれも色鮮やかで見た目からして美味しそうです。

左がフレジエ(フランス風ショートケーキ)、右がショートケーキ。

どちらも季節限定商品です。

▲静岡産のこのイチゴが使われています。

▲マカロン。

5色入のパックになっていま。

▲このように入口がパン、奥の方がケーキというように上手く陳列されています。

SCENEのクリームパンやパン・オ・レザン

この日はボリューミーなおやつが欲しかったので、クリームパン、クリームバゲットそれとパン・オ・レザンを購入です。

▲3個は多いかなぁと思ったけど美味しかったので問題なしです

▲生搾りのクリームパン。

フワフワのパンに濃厚なクリームが入っていて、これはパンというよりケーキです。

パン・オ・レザンもバゲットも同じようにフワフワしたケーキっぽいパンです。これは軽く食べられるのでいいですね。



SCENE Kazutoshi Naritaの場所

麻布十番の商店街をけやき坂方面へ歩き今川焼きの月島家や豆源がある信号を左へ曲がって2軒目です。

その信号を右へ曲がればたい焼きの浪花家ですし角にはかりんとう屋があるし、SCENEの向かいは紀文堂だし、本当に和洋スィーツの激戦地帯にありますね。

▲麻布十番の大通りから来るとこのように白い看板が目印かも。▲ただ週末になればこの写真のように行列が出来ているのでたぶん迷うことはないと思います。

まだそこまで知名度が高くなく、週末の行列といってもこの程度です。

アジアNo.1のパティシエが作るパンとケーキ、人より先に試してみてはどうでしょうか

Scene(シーン) 麻布十番店

港区 麻布十番 2-3-12
定休日 : 不定
営業時間 : 9:00 – 20:00

記事の評価
関連記事

コメントを残す