西麻布のカレーラーメン しゅういち

西麻布のカレーラーメンしゅういち

赤のれん」や「かおたんラーメン」を紹介したので、同じように西麻布で深夜まで営業しているラーメン屋さんを紹介しましょう。

それが「カレーつけ麺専門店 西麻布 しゅういち」。正式には「しゅういち 西麻布店」というらしいですが。

もともと白金台の和食屋さんにカレーつけ麺の看板メニューがあり、そのカレーつけ麺の専門店として独立したようです。

西麻布にこのお店が出来てまだ十年も経っていませんが、すっかり西麻布の夜のオアシスになっています。



カレー、カレー、カレー

いちおう ”つけ麺”専門店ということでトップはカレーつけ麺。

あとはカレーらぁ麺とカレー油そばと黒ごまカレー担々麺と辛味噌カレーラーメン。ぜんぶカレー味というのが潔くてよいです。

ご飯とおつまみ、それとアルコールなどドリンクも用意されています。

この日は疲れていたのでカレーラーメンと黒ごまカレー担々麺に加え、皿ワンタンも追加でいただいてみました。

カレーらぁ麺

”カレーらぁ麺” です。写真の向こう側は黒ごまカレー担々麺。

お店のメニューとしては ”ラーメン” ではなく ”らぁ麺” のようです。

ねぎとチャーシューと半玉に海苔。
見た目は普通のラーメンですがスープがカレー味なのです。

初めてしゅういちに行った時は、カレー南蛮のラーメン版を思い浮かべていて、かけるカレーはビーフにしようかシュリンプにしようかと思い切り勘違いしていました。
でも見れば分かる通り、ビーフもジャガイモも玉ねぎも入っておらず、スープがカレー味なので ”カレーラーメン” なんですね。

黒ごまカレー担々麺

カレーらぁ麺にもやしと坦々と黒ごまが乗った ”黒ごまカレー担々麺”。

これも普通の担々麺だけどスープがカレー味。

シンプルと言えばシンプルなのですが想像以上に美味しくもう何度もリピートしています

皿ワンタン

お肉がたっぷり入ったワンタンが4つ入った”皿ワンタン”。

これも美味しゅうございました。


しゅういちの店内

西麻布とはいえ単なるラーメン屋さんですし、特にお洒落だったりうるさかったりもせず、本当に普通の街のラーメン屋さんです。

お箸と調味料と水とティッシュ。
普通のラーメン屋さんですね。

店内は厨房を囲むカウンター席と2人がけのテーブル席がいくつか。この写真ではカウンターにお客さんが3人写っていますが、みなさんお一人様のお客さんです。

特筆すべきなのは西麻布なのに女性一人でふらっと入っても全く問題ないこと。このリラックス感は貴重だと思います。

しゅういちの外観

そしてもう一つ特筆というか注意しないといけないのが営業時間。

しゅういち 西麻布店、営業時間が20時から翌朝6時までなのです。

つまりほぼ深夜営業のみ。当然ですがランチもありません。完全に深夜に六本木や西麻布で遊ぶ人のためのお店です。

朝は6時まで営業しているので始発で六本木に朝帰りしてからでもラーメンが食べられますね。

また開店も20時からなので、仕事で帰宅が遅くなった近所のビジネスパーソンやこれから西麻布で遊ぶ人たち、深夜を過ぎれば西麻布で遊んで〆のラーメンを食べに来る人たち。こういう人たちには便利なのですが、それ以外の人には営業している時間帯には行きづらかったり、あるいは存在すら知られていないかもしれません。

逆に言えば、そこまで混むことはないので、深夜の西麻布でお腹が空いてもここに来ればまず大丈夫という安心感がありますね。



しゅういち 西麻布店の場所は、西麻布の交差点から六本木通り笄坂を南青山方面へ。渋谷へ向かって右側です。

ここまで来るのは南青山や西麻布に住んでいる人くらいで、ちょっと西麻布で遊んでますレベルの人はもちろん、観光客は絶対来ませんからね。安心してゆっくりできます。

 

しゅういち 西麻布店

港区 西麻布 2-25-22
定休日:日曜日
営業時間:20:00〜翌6:00


関連記事