広尾のお茶専門店「椿宗善」

広尾にあるお茶の専門店「椿宗善」のご紹介です。

こだわりのお茶

お茶の専門店って最近ではあるようであまりないですよね。

コーヒーはとんでもなくたくさんあるし、紅茶の専門店も珍しくはないですが、お茶っていうのは最近めっきり減ってしまっているんではないでしょうか。



このお店、本店は福井県にあります。オーナーは祖父は茶農家、父はお茶問屋というお茶に関わらないわけには行かない環境で育った方のようです。

福井の他に金沢、熊本とそしてここ広尾の4店舗で展開しています。

決して広いとは言えない店内に所狭しと数々のこだわりのお茶が並んでいます。

これだけあるとどれがいいのか迷ってしまいますね。

そんな時は、やっぱりプロに聞いてみるのがいいでしょう。

私が訪れた時はこの女流茶人長田さんが店頭にいらっしゃって、丁寧にご説明してくれました。試飲もありますよ。

夏のお茶

今年は猛暑を通り越して酷暑ですから、冷たいお茶が飲みたくなりますね。

ということで、水出し緑茶をチョイス。しかも白桃の緑茶です。

ほのかに口の中でふわっと香る桃の甘みが爽やかで美味しい。紅茶にピーチティーがあるくらいですから、桃はお茶と合うんですね。

檸檬の麦茶

そして、もう一つ、水出しの麦茶なんですが、なんと!檸檬の味なんです。

暑い日は麦茶をごくごく飲みたくなりますね。麦茶はカフェインもないし、ミネラルも豊富で暑い夏には最高の飲み物です。でも、毎日毎日となるとちょっと飽きてしまうので、そんな時にちょっと変わり種の檸檬麦茶の出番です。スーッと清々しい檸檬の香りが広がります。

桃の緑茶も檸檬麦茶も決してその味がするのではなくて、あくまでも香りなんです。だから、食事の時に一緒に飲んでもご飯の味を邪魔しません。

お土産、贈り物に

お茶が苦手で大嫌いという日本人はなかなかいません。

生菓子などに比べれば賞味期限も長いですし、持ち運びも軽い。お土産や贈り物にお茶って最適なんです。今更気づいたのですが。

自分ではなかなか手が出ない珍しいお茶は、プレゼントでもらったら嬉しいですし。


お店の場所

広尾駅から散歩通りを渋谷方面へ向けて直進します。ナッツトーキョーの突き当たりを左折してフロインドリーブやシュロスベッカライを通過して直進します。更にCANVAS TOKYOも通過して直進、郵便局の手前の左側にあります。

昨年深夜番組の「夜の巷を徘徊する」でマツコデラックスが来店したようで、この看板が目印です。

椿宗善

渋谷区広尾5-8-1
定休日:不定休
営業時間:10:00−19:00


関連記事