西麻布「幸鮨(こうずし)」 (魚幸)



西麻布にあるお魚屋さん、正確には元は「魚幸(うおこう)」というお魚屋さんで、現在は「幸鮨(こうずし)」という和食屋さんのランチに行ってきました。

西麻布は夜の街のイメージがあり、実際夜だけしか営業してない店もたくさんあります。しかし、この幸鮨(魚幸)はランチも営業している貴重なお店の一つです。

幸鮨(魚幸)のランチメニュー

その名通りランチメニューも当然お魚メインのメニューです。

幸鮨と名乗っていますが、魚の煮付けなんていうホっとするメニューもあります。

メニューは日替わりの本日の三色丼、本日のづけ丼、本日の定食の三本柱で構成されていて、それ以外に海鮮丼や鯖塩焼き定食などの定番メニューがあります。

今日はありませんでしたが、本日の二色丼がある日もあります。
要するに仕入れ如何で日々変わるメニューということです。



幸鮨(魚幸)の店内


店内は厨房周りに設えられたL時型のカウンターと窓際のカウンター席のみの小ぶりなお店。
平日のお昼時は、ちょっと出遅れるともう満席なんて言うこともザラです。

席について海鮮丼をオーダーすると小鉢が出てきました。

今日は根菜の煮物とたくあんです。海鮮丼を待つ間カウンターのガラスケースに並ぶ青魚がとっても美味しそうだったので海鮮丼に光り物がいっぱい入ってるといいなと期待しながら待ちました。

 

幸鮨(魚幸)の海鮮丼

小鉢をつまんでいると海鮮丼がやってきました。

見た目鮮やかで綺麗ですね。


期待の光り物は1種だけですが、上から時計回りに卵、いくら、蟹、数の子、エビ、ホタテ、鰯、ぶり、マグロそして写真では見えませんがブリとマグロの下にマグロのすき身が隠れていましたので、その数10種類!

わさびもたっぷりのかっていて嬉しいですね。ご飯の量は少なすぎず、多すぎずちょうど良いです。
海鮮丼と一緒にシジミの味噌汁も来ました。
貝の出汁が効いた味噌汁もこの季節、身体が暖まります。



 

幸鮨(魚幸)はランチがお得

実はここには何度か来ていますが、欲張りな私はいつも海鮮丼です。
三色丼だと3種類だしなぁ、、という食いしん坊ぶり。

とはいえ好きな魚だったら二色丼、三色丼で思い切り堪能するものありですね。

光り物が好きなので光り物二色丼メニューに出会ったらオーダーてみます。
とにかく、昼のメニューは日替わりなので実際にお店に足を運んでみてからじゃないとわからないので、行ったもん勝ちです。

 

幸鮨(魚幸)の場所

お店は六本木通り沿いで、西麻布交差点から六本木ヒルズ方面に坂を登った博多らーめんで有名な「赤のれん」の隣。
魚屋さん時代の「魚幸」という木の看板が目印です。

平日のランチもいいですが、土曜日も営業しているので週末に西麻布で一人ランチもいいですね。
週末はこの辺りではランチ難民になりやすいのでそんな時の選択肢の一つです。実際土曜日のランチ時もびっくりするくらいお客さんは入っていることがあります。

幸鮨 (魚幸)

港区西麻布 3-21-24
定休日:日曜祝日
営業時間:11:30 – 14:00、 18:00 – 21:00


関連記事